りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2018年04月01日(Sun)

2018富山ホタルイカパターン 2日目

  • 2Hit
  • 2Get

富山遠征2日目。

既に念願の刺身サイズのメバルが釣れているので本日は実に余裕がある。

子供は、弟夫婦と動物園にいったので朝から嫁とデート(というよりアッシー)。

山の方にあるパスタ屋にいってランチ。

でもしっかり途中嫌がる嫁を引き連れて下見。

次の目標は尺メバル!

昨日と同じところに似たような時間にいけば釣れるとは思うけど、どれじゃぁ発展が望めないので新たなポイントを見つけてみる。

昨日の教訓も生かし、ゴロタと流れ込みという2つのキーワードでポイントを絞っていく。

比較的目立つ流れ込み。

テトラから海藻帯ものび昨日似た様なポイントだ。

テトラの間を流れる流れ込み。

ちょっと面白いポイントだ。

ただ、釣果の白黒がはっきり出そうな場所ではある。

衛生で見ると人工礁が沈んでいるであろう場所。

確かに沖合50mほどが周りよりも濃い色で、流れ込みもあり面白そうだ。

沖合のブイ付近はかなり流れが早そうだ。

よし、本日は人工礁のある流れ込みポイントにしてみようー!

下見が終わったので急いで嫁の待つ車にもどり、ランチしに山へ向かった。

 

そして午後、17時半から21時のお話。

本日も満月の大潮で、富山の潮回りは満潮15:18(14cm)、干潮21:08(8cm)。

先行者がいないとも限らないので明るいうちから入ろうと、やっぱりバナナ1本だけ持って釣り場へ。

明るいうちに、ルアーが人工礁まで届くか確かめたくレイジー80S(11g)のカタクチZをつけて開始。

流れ込みの右側に立ち、まだ明るいので1秒1巻ほどのミディアムリトリーブで巻き始める。

自分なりの目一杯でやっと人工礁の半分くらいに着水する感じ。

そこからすぐにラインスラッグをとって巻き始めるが足元数メートルで根掛かり。

しばらくあたふたして最後にグッと引っ張ってとれたのが、、

ワカメのような海藻。

かけ上がり付近にはこれが生えているらしい。

最初から気持ちロッドを高めに上げて再開する。

そして、巻抵抗が弱まるかけ上がり付近でふっと軽くなったかと思った次の瞬間、ガツンと大きく何かがのった!

その何かは、沖に向かうことなくかけ上がりへとぐいぐい底に向かう。

すかさずロッドを大きく上げてその引きに耐える。

ドラグが出ず、竿とラインの角度が少なくなる。

かけ上がりがどれくらいなのかまったく想像できないが、0.4号のPEが仮にかけ上がりに触れたらあっという間にブレイクのような気がしたので少しドラグを緩め、手動でラインを送り再度間合いを作る。

そして、その引きと一緒に少しずつ右に移動しながらなんとか波の力も借りて持ち上げる。

幸先いいねー^^

これで今回の目標のメバル&クロダイの両雄がそろいぶみ。

目測35cmほどでそれほど大きくないけど、けっこう引いたので楽しかった。

グラマーロックフィッシュTR93PEスペシャルの浮かせるパワーも少しかいまみれたのでよかった。

まだ明るいので一旦クロダイの下処理を終えてから再開。

周りが薄暗くなってきたのでいよいよメバルを期待してワンダー80のキャンディーグローピーチに変更。

今日は満月だけど雲が厚く、昨日とはうって変わって周りが暗いので誰もいないとけっこう心細い。

自分一人だけで、ジャリジャリと波で石が擦れ合う音だけが響いている。

少しでも気分を上げるために歌を口ずさみながらも心の中でカウントしながらスローリトリーブしてくると、またまたかけ上がり付近でググンとヒット。

この物体は、グングンと少しばかり抵抗はしたけど、グッとロッドを持ち上げるとあっさりじゃり浜にオン。

これまたナイスボディなメバルくん。

昨日と同じか少し小さく25cmないサイズ。

それでも刺身とれそうなサイズなのでちょいガッツポーズして引き続き開始。

しかし、本日はなぜかこの後が続かない。

雲で満月が隠れているのでワンダー65ファンタジートーチにケミホタルを装着して続ける。

ゆらゆら足元付近で光る青いケミホタルは、どうみてもホタルイカに見えるんだけど一向にヒットはない。

そのうち、真っ暗闇から3つほどヘッドランプが。

おっ、釣り人か?

やっと一人ぼっちから解放され少し心にゆとりがでたので色々ルアーを変え、立ち位置を少しずつ移動しながら探って見るも後が続かない。

そのうち、突然そこそこ強い北寄りの冷たい風にかわってしまう。

向かい風になってしまったので、少し重めのルアーに変更するもどうも当然ふき始めた冷たい風が気に入らず、既に2匹釣れていることもありあっさり収竿とした。

 

反省)

釣り開始前後の天気図。

低気圧に向かって日中から強い南西風がふいた。

また、日中は南風のためかぐんぐん気温が上がって暑かった。

それでも夕方には南西風は弱まり、釣り開始時にはさほど風は気にならなかった。

同日21時の天気図。

なぜ突然の北風と思ったけど、低気圧の位置が影響しているのかも。

翌日は、やっぱり南風で暖かかったので低気圧の吹き返しの風なのかな?

急にあたりが止まった原因は、水温の低下かな?

今回の富山湾付近の表面水温は、11度ほど。

これは、昨年の富山遠征と見比べてみたけどさほど違いはなかった。

 

さばきの時間)

メバルの刺身を自分でさばいて食べてみたことなかったので、嫁の実家に帰って台所と小出刃をかりて三枚おろし。

小さなサクが2つほどとれたのでエビスで乾杯^^

まったく癖のない白身で、醤油にじんわりにじむほど脂がのって美味しかった。

ヒラメよりも美味しいかも。。

 

こうして2日間の富山遠征が終わったけど、右も左も知り合いもおらずに始めたホタルイカパターンによるクロダイ&メバル。

一昨年は、壮大な身投げをはじめて見て感動するも肝心のお魚さんはまったく姿をみせなかった。

去年は、早々にムラソイ、そして最後に漁港でカサゴとなんとかライトロッドにふさわしい魚が釣れたけど、どれも小さく持ち帰える気にならず。

そして今年、3回目にしてやっとまともなサイズのメバルと食べごろのクロダイが釣れて今回は出来過ぎの富山遠征だった。

まだ尺メバルは釣れていないのでまだ全ての目標が達成できたわけでないので来年もおそらく同じ頃に来るだろうけど、少しは気持ちが楽になると思う。

また、今回ゴロタスペシャルとして新たに導入したTR93PE。

ライトロッドというよりは、ライトなシーバスロッドとも思えるようなパワーのロッドでメガメバルをうたっているだけあるなぁというのが今回の印象。

でも運良くぴったりの魚が釣れたこともあり、よく曲がって釣ってて楽しいロッドだと思った。

また、来年がんばろうーっと。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
遠征 > 釣行記 > 能登半島・富山
タグ
クロダイ・キビレ    メバル    メバリング    ゴロタ浜   
タックル
  • タックルセット名未定義
    ロッド : ブリーデンGRF-TR93 PE special リール : 16セルテート2508PE ライン : ゴーセンPEドンペペ 0.4号300m リーダー : ヤマトヨテグスフロロリーダー8lb
最終更新日
2018年04月03日 07:52

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 291,519
今日: 76
昨日 315

ページ閲覧数: 1,623
今日: 2
昨日: 2
QRコード