りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2018年08月05日(Sun)

2018夏、沼津タコ&シイラ1回目

  • 2Hit
  • 2Get

前日の22時半から日曜日の10時までのお話。

この時期は、決まってタコ&シイラを釣りに沼津にいく。

夜タコを釣って、朝マズメから昼位まではシイラを狙う。

土曜日の20時に家を出て、高速順調に沼津のタコ釣り場の口野へは22時過ぎに到着した。

めずらしく、誰もいない。

一人寂しくタコ釣りセットを持って小磯へ。

本日の潮回りは、小潮。

三津で干潮5:00(67cm)、満潮11:24(134cm)。

タコ釣りは、下げの時間に始まった。

15号の白色のタコかんなをGTロッドで遠投する。

15号はおよそ57g弱、それでもGTロッドでは軽すぎるらしく竿がしならず飛距離がでない;

まっ、タコ釣りだからいいか。

タコかんなを着底させて寝落ちしそうなほどゆっくりとリールを巻いてくる(1分間に1回転ほど)。

途中、何かに当たってレバーが動かなくなったら、ゆっくりと竿を上げてサビいてみる。

ここでタコが乗ってれば柔らかい感触が穂先に伝わる。

ゴツゴツとした感触であれば岩などへの根がかかりだ。

(ここは、海藻などないから柔らかければほぼタコ)

去年の同じ頃にタコ釣った時の感触を思い出しながら投げては巻いて、投げては巻いてを繰り返す。

しかし・・・まったくなんの反応もない;

途中飽きて軽くジグを投げてみるも当然こちらも反応ゼロ。

しかも、夜になっても気温は軽く28度越えでまったくの無風なので汗が吹き出してかなり不快だ。

結局朝2時近くまで3時間半、ひたすら眠くなるようなタコ釣りをやるもまったく釣れる気しないので朝に備え仮眠することにした。

最後は、蚊との戦いで数カ所食われかゆいはあついわ、捨ててある腐ったオキアミは悪臭だわでまったく楽しめないタコ釣りだった。。

 

結局仮眠は1時間のみ。

朝に大瀬崎の駐車場で会社のY氏と待ち合わせしているので、途中コンビニで朝食と板凍りを買い込みつつ駐車場に向かった。

Y氏と予定通りの4時に合流してさっそく大瀬崎の先端に向かう。

本日の朝マズメは、曇り空。

既に釣り人は多数いて、外向き先端は満員御礼。

仕方なく、海水浴場寄りの湾側に場所を確保してさっそく釣りを開始する。

すると5時のソコリを過ぎたあたりにギュイーンと何かがヒット。

30cmほどのマルソウダ。

まっ、定番だ。。

予約したミュートスソニオの購入代金を捻出するため、手持ちのライトなショアジギロッドは既にヤフオクへ。

なので今回は、この釣りにしては少し強めのミュートス110MHを持ち込んでみた。

マルソウダ、、まったく引きが楽しめない。もう、ごぼう抜き・・・

しばらくして同じサイズをもう1匹追加。

Y氏や周りの人もポツポツとマルソウダが釣れている。

その後マルソウダも飽きたのでせっかくそれなりのロッドを持ち込んだのでポッパーやペンシルで遊んでみる。

しかし、シイラ(というかいつもペンペン)が現れる気配はない。

しばらくすると日が射し始め、それと同じ頃に南東風が少し強く吹き始める。

その風に吹かれるように湾側から先端にかけて潮目が見え始めると、先端側にいた人の竿が大きくしなる。

上がって来たのは少し大きめのシイラ。

いよいよ来ましたか!

さっそくポッパーやらジグやらで主に表層中心に節操なくルアーを投げまくる。

しかーし...

Y氏も自分もまったく釣れない;

その間も風下の岬先端にいる人たちにはポツポツとペンペンサイズのシイラが上がっている。

今まで、シイラなんて周りで釣れ始めたら大概近くならどこでもあたり始めると思っていたのでこれには少し納得がいかない。

そのうち、場所を交換したY氏がやっとペンペンサイズを一匹かける。

やっぱり着底と同時らしい。

自分は、結局1匹もヒットどころかアタリすらもらえなかった・・・

そのうち日が高くなると大瀬崎の主たちがやってきた。

途中正面にダイバーが潜り始めたので、半ば確信半的に潮目が向かう岬先端方向に斜めにジグを投げると、向こう側のおっさんとラインが絡む>_<

(おっさん)「ちょっと斜めに投げ過ぎやないか!」

(俺)「おっさん、実は俺もそう思った」とは当然言えず小声で「スミマセん...」

結局投げる場所がなくなりこれで釣りは強制終了。

昨日、今日と8月に入ってからはスッキリしない釣りが続く。

 

反省)

南東風は台風からの吹き返しの風?

大瀬付近は、若干波があった。

水温27度。いよいよピークかな。

 

そういえばペンペンシイラ、いつも来たのがわかるくらい海面を騒がしくジャンプしたりモヤってたりする印象があったけど、今回は来たのがわからないくらい海面は静かだった。

また、このサイズは群で来るのでどこでも釣れる気がしてたけど、今回はなぜか釣れる場所が限定されていた。

潮目?それとも釣り方?奥が深い。

あと、タコ。

去年簡単に釣れたので時期を選んでいけばいつでも釣れると思ってたけど、やっぱりそんなに甘くなかった。

さらに、今回タコ釣りで使ったロッドは、今年行こうと思って叶わなかったトカラ遠征用に購入した8.3フィートの3ピースのGTロッド。

ルアーのベストマッピが90〜150gなので、57g弱のタコかんなでも棒のようにまったくしならない。

また、シマノ10000番のリールにPE5号とちょっとやり過ぎた感の強いタックルだったため、とにかく重くてすごい疲れた;

さらに、あれだけガチガチだとおそらくタコのあたりもわかりにくそうだ(昨年は、ブルーススナイパー102Mだったので飛距離も出たし、あたりも完璧わかった)。

ちょっと、次回は考え直そう;

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 伊豆半島・沼津
タグ
タコ    ショアジギング    ゴロタ浜   
タックル
  • タコ用
    リール : 16ツインパワーSW 14000XG ライン : デュエル ハードコア X8 5.0号 300m ロッド : エクスペディションEP83-6 Trevally
  • ショアジギング
    ロッド : ぜナックミュートス110MH リール : 16ツインパワーSW 5000HG ライン : デュエル ハードコア X8 2.5号 300m リーダー : サンラインナイロンショックリーダー50LB
最終更新日
2018年08月05日 21:30

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 291,521
今日: 78
昨日 315

ページ閲覧数: 922
今日: 1
昨日: 1
QRコード