りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年01月11日(Sat)

松ヶ鼻ヒラスズキのちヒラメ

  • 0Hit
  • 0Get

6時から17時半、潮回りは大潮。

まずは、かなり久々に松ヶ鼻へ。

かなり久々に5mmのウェットも引っ張り出したので、入るか心配だったけどなんとか収まった(最近成長期らしく昨年の同じ時期から5kgほど太った;)

前日の波予報と波浪マップを確認してまだいけるかなと思ったけどサラシなし!

2時間ほど、近づいた潮目にルアー投げたがダメだった。

鳥は飛んでいなかったけど、海鵜が潮目周りに数匹もぐってはいた。

ベイトの目視はなし。

2時間ほどして不得意なヒラスズキ狙いは諦めて着替えてから近くの砂浜へ移動。

城ヶ崎海岸、ここからはサーフでヒラメ狙い。

地形上波はほとんどなし。

ここも海鵜が流れ込み中心に数匹もぐっていて、一度だけ足元を大量のベイトが通り過ぎていった。

本日午後からは、会社の人と千倉で待ち合わせしているので様子見程度のつもりだった。

でも思いの外雰囲気はあったので2時間以上に粘ってしまった。

結局何事もなく午前のソコリを迎えてしまったのでとりあえず千倉へ向かう。

すると早々と会社の人から千倉到着と連絡が入る(汗

千倉の瀬戸浜で合流。

ここも海鵜が数匹もぐってはいたが、ベイトの目視はなし。

また、ここは波が強く波足も長い。

風はほとんど気にならない程度だったので遠くからのウネリだろう。

砂浜や根周りなどあちこちで2時間ほど竿を出したけど結局ダメだった。

そこで二人で相談して最後は、ダメ元で和田浦へ移動してみる。

ここも千倉に負けず劣らずウネリの波が強い。

薄暗くなりかけた頃一斉にカモメ系の鳥が飛び立ったけど特に何か指している様子はなかった。

ここも目視できるベイトはおらず結局朝マズメから夕マズメまでほとんど休みなしで頑張ったけど完敗だった。

最後は、帰り道の王将で餃子定食食いながら反省会。

土曜日は、要所要所の高速が渋滞するが、20時近くになるとほとんど解消する。

晩飯すましてゆっくり帰ってくるのもありだなと思った。

 

反省)

最近魚から遠ざかってるけど気にしない!

釣りに行き続けさえすれば魚はいずれ釣れる。

本日は、日が悪かっただけ。

ただ、織姫と彦星ほどの間隔で釣りに現れる会社の人には釣れて欲しかったけど...

風もなく終始釣りしやすかった。

一つ反省するとすれば、波の見誤り。

この波浪マップと前日の波予報(2.5mのち2m)に惑わされて松ヶ鼻に入ってしまったけど、この場所は全くサラシが広がらなかった。

波の予報だけでなくウネリの方向などもあるんだろうけど、ここはちょいちょい見誤る。

地元で海沿いでもない限り前日の海の様子がわからないので、このように予想してまだ暗い朝マズメからポイントに入るしかないわけだが、そもそもこんな図だけで完璧な予想なんて出来るとは思っていない。

ただ、もともと千倉で待ち合わせを予定していたので当初の予定通り南に行けばよかったと後から思った。

南の平磯なら、道沿いからある程度見渡せるし、明るくなって波見てからサラシ狙うか砂浜行くか決めることもできた。

これも今回の判断を狂わせた原因。

勝浦〜小湊付近に20℃ラインが一番寄ってたので北上してしまった。

勝浦の磯も考えたけど、日中は潮位があまり下がらないのでパスして、松ケ鼻にした。

ただ、ふと立ち寄った城ヶ崎は思いの外雰囲気はあった。

もともと千倉で待ち合わせだったので南の釣りししか考えてなかったけど、合流してからも城ヶ崎に移動して夕マズメまで粘れば良かったと今更ながら思った。

ベイトっ気があったのはここだけだった。

 

おまけ)

翌日は、近所の海浜公園で凧揚げ。

もともと付いていた凧糸は30m巻きで、これじゃ子供騙しで面白くないので昨年までは別途購入した80mの凧糸を使用していた。

しかしこれが、全部糸を出し切ると糸の回収に非常に時間がかかり大変だった;

そこで今年は、秘密兵器を投入。

パックロッドを二本だけつないで2500番のハイギアリールのくっつける。

リールにはPE1.0号が200m巻かれているので、凧に繋がってる凧糸を少し残してカットし電車結びで直結する。

ちなみにリーダーはつけていない(笑

程よい風でぐんぐんと面白いように上がる。

上空に上がれば上がるほどラインへの負荷が高くなり、切れると困るので一応ドラグも調整しておく。

子供も大はしゃぎ。

そして最後は、自分に交代して一気に残りのラインを放出する。

やったー\(^o^)/

200m全部出し切った。

もう黒い点となった上空の凧を二人で眺めながらしばらく充実感に浸る。

そして薄暗くなってきたのでライン回収。

これが想像通りかなり楽。

たまに強い風に煽られてバランスを崩してもリールの早巻きと釣りで鍛えたロッドワークで態勢の立て直しは思った以上に容易だった。

ハイギアにしといて良かったわ・・・

最後は、落ちる前に空中で娘が凧をキャッチして、2人でテンション高めのハイタッチをして終了。

思った以上に楽しかった。

風があったら今度はロッド全部繋いでまたやりたい。

 

ところで凧あげてる時少し気になったことを帰宅後調べてみた。

それは、どれ位の高さまであげて良いのかということ。

昨今のドローン事情もあり、例え海沿いとはいえ湾奥でしかも羽田空港に離着陸する飛行機も見えるような場所では、そんなに高くあげてはいけないんじゃないかと思ったからだ。

https://secure.kix-ap.ne.jp/haneda-airport/

やはり高さ制限は存在した。

が、今回凧揚げした場所は274m・・・全然余裕だった。

https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk1_000048.html

でもなんか250m以上は届出が必要みたいだ。

さすがに300m巻きの青物用リールはやめといて良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 房総半島
タグ
ヒラメ    ヒラスズキ    サーフ    地磯   
タックル
  • ヒラスズキ
    ライン : デュエル ハードコア X4 2.0号 300m リーダー : バリバス ショックリーダーナイロン40lb ロッド : AIMSブラックアロー110MH リール : 16セルテートHD3500SH
  • サーフ
    ロッド : AIMSブラックアロー106M リーダー : バリバス シーバスショックリーダーフロロ30lb リール : 18カルディアLT5000D-CXH ライン : シマノPITBULL8 1.0号 200m
  • 凧上げ用
    リール : 16セルテート2510PE-H ライン : シマノPITBULL8 1.0号 200m ロッド : Jetsetter71S
最終更新日
2020年01月19日 21:17

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 285,452
今日: 27
昨日 258

ページ閲覧数: 604
今日: 1
昨日: 2
QRコード