りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年02月15日(Sat)

外房サーフでアフタースズキ

  • 3Hit
  • 2Get

6時半から16時のお話。

本日の潮回りは、小潮。

勝浦で満潮8:33(131cm)、干潮15:10(41cm)。

天気晴れで波は低い。

前日は低気圧が通過しているので海は少し荒れていたようだが、本日はだいぶ落ちついた。

また、気温は昨日からだいぶ高くなってきている。

海の中も同じかどうかは知らないが、黒潮の影響で若干上がってるのかもしれない。

潮位の高いうちはヒラメでも狙おうと外房の適当なサーフを探す。

そしてかなり以前に訪れたことのある山の裏のサーフへ。

既にかなり明るくなってからのエントリだったので先行者多数。

空いてるところを見つけて滑りこむ。

波は低いが濁りがある。

最初は人が多く移動できなかったが、満潮ちょい前にだいぶ人が減ったので少し波の立つ方へ移動する。

沈むルアーが根掛かり。

波立つところは、海面がシャワシャワしているので浅くて底は海藻かシモリらしい。

その辺りを中心に粘り続けると下げッ鼻で60mほど遠投したミノーのタダ引きにゴンとヒット。

横に走るのでヒラメではない。

痩せたスズキ。

でも久々の釣果なので嬉しい。

すぐにまたヒット。

これはスレだけど元気だ。

その後コツンと触れるもヒットなし。

以上、30分ほどポツポツと釣れ続いた。

この場所、おそらく朝マズメから入っていたグループも、スズキを何匹かストリンガーにぶら下げて帰っていくのを目撃している。

朝は、鳥もよく飛んでいて雰囲気は抜群だった。

人が多く近寄れなかったけど、時間が経って人が帰ってもタイミングが来ればやはりまた釣れるものだ。

おそらく産卵後の魚、痩せてて美味しくなさそうなので持ち帰りはやめて全部リリースした。

 

その後南下して何箇所かウェットで入れそうな磯を眺めて、ある磯に上がる。

人気磯だが珍しく先行者はゼロ。

潮位がだいぶ下がってきているのでヒラスズキってのも無理があるのだろうか。

自分は、釣れないけど大きいルアーをぶん投げてストレス解消したいので問題ない。

さっそく着替えて溝を渡って上陸した。

先にいたエサ釣りのお父さんに声をかけ少し離れた潮目が指すところでポッパー をぶん投げる。

途中雲が多くなり海鵜が散り始め、カモメも飛び始めた。

だいぶ前から目の前にうっすら潮目が横切っていて、ミノーで通すと結構引き抵抗もある。

雰囲気は良さげだけどやっぱり何も起きなかった。

潮止まりから上げっ鼻にかわる頃には鳥もいなくなり、西風が気持ち強くなってきた。

雰囲気がなくなったのと、朝から竿ふりっぱなしで疲れたので帰ることにした。

やっぱりこの釣りは、釣れなくても気持ちがいいね!

 

反省)

今回から、天気図や波浪マップはやめた。

また、釣れない日記はよっぽど珍しい出来事や遠征でもない限り書かないとにした。

理由は、めんどくさいから^^;

実は、先週も千葉に釣りに行っている。

場所は違うけど、今回と同じくヒラメ→ヒラマサのリレー。

全く毛もなかったけど。

そろそろ船にも乗りたいけど、昨今のコロナ事情で狭い船室に大勢でいるのがちょっと怖い^^;

4月一杯までは似たような釣りでもやってようかなー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 房総半島
タグ
シーバス    サーフ   
最終更新日
2020年02月16日 20:27

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 259,760
今日: 4,584
昨日 5,966

ページ閲覧数: 2,290
今日: 46
昨日: 85
QRコード