りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年02月23日(Sun)

外房松ケ鼻のち研究所下

  • 0Hit
  • 0Get

世間では、コロナの話題真っ只中。

自分は、火〜水曜日あたりから下腹部にいつもの強い違和感が。

月曜日腹筋したせいもあり筋肉痛?と考えていたがどうやらそうではなく、木曜日には正確に測っていないが熱っぽい。

げ!この時期に・・・夜に体温計で測ると36.8℃・・・ギリセーフか。

金曜日も出勤したけどやはり違和感は続く。

咳も鼻水も倦怠感もなく食欲はあるので、またほっとけば治るかなと思ったけど、夜また熱っぽい。

それに下腹部の違和感が消えない。

流石に3日続き怖くなってきたので土曜日近所の総合病院へ。

この時期に病院など近寄りたくもないのだが、泌尿器科を受診して血液検査、尿検査、それに下腹部のCT撮影して4時間!

結局尿や結石に関係するものではなく、連休明けに今度は外科を受診することになった。

心配だ〜すごーく心配だ〜

土曜日薬飲んで休んだところ、不思議と目が覚めると下腹部の張りは消えている。

それに熱も下がったっぽい。

3時半頃汗かいて目が覚めたので下着着替えてもう一度布団に入るが、色々なことを考えてしまって不安になってしまう(ネット社会の負の側面だな)。

そこで思いきって旅に出てみることに(笑

水曜日頃まではまだ渡船でも乗ろうと考えてたけど、具合が悪くなってちょっと迷っていたら結局週末の荒れ模様で渡船屋は休み決定。

そこで週末釣りに行くなら久しぶりに松ケ鼻かなと考えていた。

少し出遅れたのと、本日はウネリが入りそうなので先行者いるかなと思ったらやっぱり一人いた。

結果かなり話が盛り上がった人なんだけど、青物釣りとのことだったので調子よく場所空けとく言ってしまった。

そこで少し低い磯にのり、せり上がるウネリの後ろに広がるサラシを狙うも全く反応なし。

鳥は沖に少々飛んでいるが指してる様子はない。

7時半の下げ中の潮位100cmほどで海藻が見えはじめ、またこの頃から西風も強くなったのであっさりと引き上げた。

帰りに竿が固着して抜けなくなり四苦八苦。

突然現れた訛りのきつい爺さんに話しかけながら一所懸命抜こうとするも途中で諦める。

しかし、こういうとき車ロングバンで良かったとあらためて思う。

その後、上大沢、勝浦灯台と様子見ながら結局先週と同じ研究所下へ。

ここも想定と違いゴミがきつい;

少し竿を出したけど、ほぼ鳥はこず目視できるベイトもいなかったので13時頃に終了した。

一度だけ、何かわからない30cmほどの魚が波打ちキワで跳ねた。

 

反省)

土曜日は関東で春一番。

日曜日も基本ウネリが高く、土日ともに渡船屋は早々休業宣言。

月曜日は凪ぎるらしいけど残念ながら子供の通院日だ(これは仕方ない)。

朝一は風それほど気にならなかったけど、途中西風が強くなった。

この波浪だと松ケ鼻、ウネリがまだ少し強すぎるみたいだ。

この日の夕方か、翌日朝一が良かったのかも。

しかし、翌朝は落ちすぎてるかもしれない。

一応これ翌朝の予想。

うーん、、わからん。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 房総半島
タグ
シーバス    ヒラスズキ    サーフ    地磯   
タックル
  • ヒラスズキタックル
    ライン : デュエル ハードコア X4 2.0号 300m リーダー : バリバス ショックリーダーナイロン40lb ロッド : AIMSブラックアロー110MH リール : 16セルテートHD3500SH スペーサー : YGSよつあみ パワーハンターPE4号
最終更新日
2020年03月08日 06:47

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 285,436
今日: 11
昨日 258

ページ閲覧数: 3,777
今日: 1
昨日: 4
QRコード