りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年07月20日(Mon)

コチが鼻

  • 8Hit
  • 6Get

6時から14時のお話。

本日の潮回りは大潮、神津で満潮4:08(156cm)、干潮11:13(9cm)。

夏休み使って神津沖磯へ。

前日も休みだったので少し早めに家を出て前のり、だいぶ睡眠時間とれるなぁと思ってたらほとんど寝れなかった;

理由は、船着き場のすぐそばで寝てたので12~1時くらいから出港準備の船の音が気になったから。

次回から寝る場所少し考えよう・・・

それでも丸一日まったく睡魔に襲われることなく、さらに4時間かけて帰宅してから深夜の魚の下処理までキッチリ終わらした。

それでは早速、今回も初場所でしかも珍しく数釣れたので少し饒舌に(笑

上陸は6時頃、遠くに見えるのはおそらく新島向かいで方角的に北。

さっそくトップからはじめる。

ここは、足場が高く背後が斜面になっているので斜面にそって南側から北側に振りかぶらないとテイクバックが難しい。

後でわかったのだが、陸の祇苗との間が少し緩やかなかけ上がりになっているようなので、気持ち東側にリリースするように投げた。

このときは、緩やかに北から南に潮が抜けていたので方角的には潮上?

するとダイペン→ポッパーとローテーションして30分ほどたったころバシュ、カツと振れた。

前回もこんなことあった気がする・・・どうしてのらない!

諦めずさらに30分ほど投げ続けたがどうもトップでない気がしたのでジグに変更。

85gから開始して最終的に110gで落ち着く。

見て分かるようにドン深で、110gで最深部はカウント50秒はかかる。

着底で根がかりはない。

すると35秒カウントして数シャクリでドスンとのる。

本日は、足場が高いこともありドラグ5kg設定。

そのドラグが出るほどのサイズでないのでたかが知れているが、それでも足下でかなり粘られた;

壁に張り付いて泳ぐ賢いやつでガリガリと嫌な感触が伝わってきたので最後は、凪で潮が引いているタイミングもあったので下まで降りていきリフトアップした。

60サイズあるかどうかのヒレナガ、サイズの割に良く引いた~^^;

3ヒロほどとってあるフロロリーダーの2ヒロより上がガリガリになっていた;

その後、リーダー結び直すの面倒なので別のロッド持ち替えて場所移動。

北側はある程度わかったので今度は南側に移動する。

あいかわらず垂直な壁が続く。

こちら向きは、崖がちょうど右手側に位置するので右投げの自分にとってはかなり投げづらい;

こういう時両利きいいなぁーと思いながら不慣れな左で投げる。

当然50mほどしか飛ばないがそれでもドン深なので問題なし。

ここも底は50秒ほど、最初だけ底をとって次からはやはり35秒ほどの中層かあ始める。

するとまたもや数シャクリでドスン!

先ほどとより一回り小さく痩せている、、これもヒレナガかな?

ちなみにここまで全部下げの地合い。

さらに少し休憩をとりながら先ほどガリガリになったリーダーを結び直していると50mほど沖で騒ぎ始める。

すぐさまナブラの先にポッパーを投入する。

数度スプラッシュするとボシュと何かが出るがまたもやのらない;

しつこく何度もアタックしてくるが全然のらない、、なんてへたくそなんだと思いながらもかがんで足元まで頑張ってポッピングしてくると最後にのった^^

長めのポーズが好みだったらしい、、おー元気元気♪

カンパチみたいに下には突っ込まないが5kgに設定したドラグが一瞬だけジジジジーと出るくらい元気だった。

60cmはあるだろうハガツオ。

昔沼津でマルソウダ釣りにハマったときも思ったが、カツオの類はかなり元気なので釣っていて楽しい。

ところでこれを釣り上げている途中、すぐ下にさらに二回り以上もある大きな魚がついてきていた。

何かはわからないが茶色っぽかったのでカンパチ?あれが釣れてくれればよかったのにー!

その後立て続けに投げていれば数ヒットあったかもしれないが、血抜きやらで時間を無駄に使ってしまい祭りは終了;

この辺りはまだまだ素人だ。

それにあとでわかったのだが、ハガツオの持ち帰り方完全に失敗した;これは後ほどの反省で。。

結局その後11時の下げ止まりまでは特に何も反応なかった。

というか、途中でもうだいぶ満足して別の遊びをはじめてしまった。

というのがワームによるアカハタ釣り。

前にもどっかで書いたと思うが、いわゆるダウンショットリグでオフフックにザリガニタイプのワームをつけて、遊動おもり6、7号(25g前後)をつける単純なもの。

これをサラシが伸びる先に投入して底をとり、そこから2~3回クイクイとロッドあおってまた落とす。

これを繰り返すだけ。

いいねー、丸のみ♪

これを場所をかえながら1時間ほど続ける。

途中かなり大きなアタリがあり、一気に張り付かれた。

しばらく放置しているとたいてい出てくるのだが、このときはだいぶたっても出てくる気配がないのでグッと引いたらラインブレイク、それで終了。。

メインラインから云ってた、ここはドン深なのでリーダーどんだけ長くとっても意味がないと思った。

結局釣果は3匹だけだったけど、お土産としては十分だ。

その後上げ潮は、けっこうな勢いで北に向かって潮が流れていた。

その流れにのせるようにトップを流したり、たまにジグを落としてみたりしたけど上げで魚の反応を得ることはできなかった。

でも、後片付け時間の少し前になって、200mほど沖でかなりでかいナブラが出た。

ハガツオかはたまたマグロ?

こっちに気づいてくれないかなーとポッパーで派手目にアクションさせたけど結局ダメだった。

でも今日一日、眠気に襲われないくらいほどよく釣れてくれて楽しかった(釣れないと強烈な睡魔が襲ってくるので)。

さよならコチが鼻、面白い場所だったよ。

しかしなんでコチが鼻なんだろう?

コチってあの魚のコチかな?

なわきゃねーか!

どうでもいいけどマゴチ釣り行きたくなってきたなぁ〜。

そろそろGOTOマゴチかな。。

 

(翌日追記)

こちとは東風のことで春の季語らしい^^;

なるほど、東に突き出てるからこちが鼻かー

 

反省)

連日の大雨で伊豆半島の地盤はだいぶゆるくなっているらしい。

そんなことを聞いてもふ~んとしか思ってなかったけど、いざ船降りて帰ろうと思ってたら海沿いの一本道が道路陥没で通行止め!

結局下田に戻って迂回していつもより30分以上は余計にかかってしまった。

風は、もう少し吹いてほしいくらいなかった。

上げにかわって気持ち南からそよいできたくらい。

行きは船少し揺れた;

危うく以前の鵜渡根帰りのように船酔いしそうになってしまった。

寝不足だったのも良くないね。

帰りはまったく問題なし。

25℃前後?

そういえば、前回スペーサーとメインラインの結び目がほどけてきてかなりガイドにひっかかったので今回スペーサーなるものをやめてみた。

結果、ジグ用ににしているゼナック100Hは特に問題なかったけど、プラグ用にしている100HHは何度かラインにエラノットができてしまった。

PE5号に100LBナイロン、強く引っ張るとエアノットはすぐにほどけたけどちょっと嫌だ。

ちなみにガイドはどちらもRG、やっぱりオーシャンガイドのようなでかいガイドのロッドの方がいいのかなー

投げ方キッチリしているとできにくく、疲れてきてリリース時に竿先がさがってしまうと出来てしまうようだ。

今後の課題だな。

 

さばきの時間)

全部消費しきれないので寄り道して、横浜に住む釣り人なのにあまり釣りに行かない会社の人におすそ分けしてきた。

結果うちはこれだけ。

今回一番の反省店はここ、魚の持ち帰り方。

家について眠気を振り払いながらまずはカンパチを下処理した。

血抜きが甘い。

今回足場が高く近くにタイドプールもなかったのでバッカンに海水をくんでエラ切ったものをそのまま突っ込んでいたからだと思う。

次にハガツオについて。

足が早いのはカツオって名前からなんとなく予想していたが、加えて凄く身がやわらかく、尾っぽをもったり地面に落としたりすると身がすぐに割れてしまうらしい。

案の定家でさばいてみたら身がどろどろで割れていた;

食えんのか、これ?

結局もったいない話だがハガツオはほとんど捨てた。

さらに少しだけ切り身にして後から食べようとラップして保存しておいたが、翌日見てみるとかなり血がにじみ出していて結局全部ぽいしてしまった-_-;

カンパチは、いつもの通りありきたりの刺身。

アラは、いつもはそのまま鍋にブッ込んで味噌汁にするのだが、今回は先に出汁をとっておいた。

さらに身は骨から丁寧にほぐしておき後から味噌仕立てで出汁と合わせてみた。

手間はかかるが、骨を気にせず食べれるので良い。

あと、毎回思うのだが大皿に1匹全部切り身にすると、少食の核家族である我が家では多すぎて最後は飽きてくる。

しゃぶしゃぶとかで味かえてなんとか完食するのだが、次回からは少し作る量考えよう・・・

珍しく数釣れたのに結局食卓に並んだのはこれだけ。

おすそわけした分は喜んでくれたので良いのだが、ハガツオはもったいない事をした。

これを機会に魚の持ち帰り方について少し反省。

これまでクーラーボックスにペットボトルを凍らせた氷を入れて置き、魚は血抜きして〆たあと丁寧にビニールに包んで入れておいた。

でもベテランぽいおっちゃん達は、氷に海水を張って血抜きした魚をそのまま突っ込んでいた。

クーラーボックスの中が血で真っ赤になりなんか嫌だなーと思ったけど、今思うと理にかなっているのかもしれない(今頃かよと思うかもしれないが・・・)。

というのも平磯やタイドプールがある磯場ならまだしも、足場が高いと海水くんで血抜きするのも時間がかかりたいへんな作業だ。

特にハガツオのような足のはやい魚ならなおさら時間をかけずに冷やすことが大事になってくるはず。

その点あらかじめ海水氷を作っておいて、あとはエラ切って(場合によっては〆た後)すぐに氷水につければかなり時間が短縮できる。

ちなみにハガツオは、サバオリでいいらしい。

次回から実践してみようと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
伊豆諸島 > 遠征 > 釣行記 > 神津島・銭洲
タグ
青物    ショアジギング    沖磯    渡船   
タックル
  • プラグ用
    ロッド : ミュートスアキュラ100HH-RG リール : 19ステラSW14000XG ライン : バリバス アバニキャスティングPE SMP 5号 リーダー : バリバス ショックリーダーナイロン100lb
  • ジグ用
    ロッド : ミュートスアキュラ100H-RG ライン : バリバス アバニキャスティングPE SMP 4号 リール : 19ステラSW8000HG リーダー : バリバス ショックリーダーフロロ80lb
  • ワーム用
    ライン : デュエル ハードコア X4 2.0号 300m リーダー : バリバス ショックリーダーナイロン40lb ロッド : ミュートスsonio 100M リール : 16ツインパワーSW 5000XG
最終更新日
2020年07月21日 22:47

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 302,651
今日: 196
昨日 323

ページ閲覧数: 144
今日: 2
昨日: 2
QRコード