りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年11月29日(Sun)

食糧調達失敗;

  • 0Hit
  • 0Get

7時半から17時のお話。

本日の潮回りは、大潮。

勝浦で干潮9:49(77cm)、満潮15:29(144cm)。

いつ以来だろう...
過去の日記を確認したところ、今年の3月以来だ^ ^;
いつもは4〜5月くらいまでは通ってるのだが、今年は3月下旬に盲腸の手術を行い、さらにコロナもあってそれ以来足が遠のいてしまっていた。

いや〜やっぱ水に浸るのは気持ちがいい!

さすが日曜日だけあって要所要所には既に人が入ってる。

わざと遅めに入ったのは、人との競争が苦手なため。

前にここで無言で追い抜かれて嫌な思いしたことがある。

最近はもっぱら明るくなってから磯全体を眺め、空いてるところにのんびりと入るスタイルだ。

まっ、そんなことをしてるからまともに釣れないのかもしれないけど、この遊びは釣れればそれで良しってもんでもないので。。

せっかくの余暇だし楽しく気分良く釣りたいしね。

一等地は当然人がいるので二等地に上陸。

二等地だろうと釣れるときは釣れるだろう、まずはミノーで近場を一通りチェックする。

その後ポッパーをしばらく投げる。

水色クリア、鳥なし、足下にベイトなし。

途中バイブレーションやダイビングペンシルも投げて4時間、まったく何もありませんでしたm(_ _ )m

まぁ、それほど落ち込まない、、ここまでは想定内(この釣りは、そう簡単に釣れない)。

上げに入ってしばらくして波が足下を洗うようになったので一旦車に引き上げる。

遅めの朝ご飯を食べながら南に進路をとる。

ここから本日の本命。

ローズマリー前。

波強すぎ;

釣り人も多すぎ;

鳥もベイトも見当たらなかったので30分ほど投げてすぐに移動する。

ここは人がいないくて落ち着く~(釣れてないからかな^^;

予想通り灯台すぎてからはだいぶ波の勢いが落ちてきた。

今日は、移動にだいぶ時間を使ってしまったので残り時間が少なくなってしまった。

残された時間精一杯のミノーを投げまくる。

結果、、

ちーん;

ヒラメって夜目聞くんだろうか?

スズキみたいに波動で食って来んのかな?

まぁ、どうでもよいことだ。

だって本日は、清くホゲ確定だから。

ただ本日唯一といってよいほど、ここではベイトが跳ねるのを見つけられた。

もう少し早かったらもしかすると・・・

あっ。嫁に食糧調達失敗の連絡入れないと(汗

 

反省)

今日は午後から晴れ予報だったが、外房から南房の海に関してはほぼ終日曇り。

朝方は、ちょっとだけ小雨も降った。

風はほとんど吹いてなかったか吹いても追い風だったので釣りはしやすかった。

平磯に上がってるときウネリは、多少はあったのかもしれないが釣りしていて怖いと思うような波はなかった。

トッププラグも操作しやすかったと思う。

そういえば、今日青物狙いのとき途中からリールのハンドルを左右反対にしてみた。

前に左投げの練習で反対にしたことはあったが、どうも左で上手に投げれず断念していた。

今回は、右投げ右巻きの練習。

いつもの通り右で投げて、持ち手をチェンジして左腕でプラグを操作しながら右手でハンドルを回す。

左手で投げるとルアーが飛ばないが、操作するだけだったら左でもさほど問題なかった。

それにいつもは右で投げて右でルアーを操作するので、右腕だけかなり疲弊するのだが、今回は右で投げたあと左で操作なので疲労がだいぶ分散された。

ただ、おそらく右で投げて右で巻く1番の理由は、大物が釣れたとき少しでもリーリングできるようにだと思う^^;

けっこうすんなりできたので、次回沖磯いく際にはリールのハンドルを左右入れ替えてみようと思う。

水に浸った際温いと思ったけど、海の色はけっこう澄んでいた。

水温下がった?

明日の黒潮みればわかるかも。

 

さて今回は、午前中久しぶりに平磯でトッププラグ投げたくなったので外房からはじめたけど、外房~南房の大移動は時間の使い方としてはかなり効率が悪い;(後片付けと移動で軽く2時間は消費してしまう)

それでもヒラメなんてベイトさえしっかり入っていれば日中でもイージーだが、渋いときは朝マズメを絡めないと厳しいときがある。

それに鼻っからヒラメ狙いなら和田浦以南からはじめれば十分なのだが、現状青物狙える場所は外房しか知らない。

南房でも釣果聞くから釣れるときは釣れるだろうけど・・・

そっち調べるより外房でヒラメ狙える場所を調査する方が早いような・・・

いやいやそれより青物かヒラメかどっちか一本に絞る方が大切なような・・・

まっ、でもたぶんもう少し寒くなったらくじけてヒラメ一本に絞ってるだろうからそんな心配もいらないかな(笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 房総半島
タグ
ヒラメ    青物    サーフ    地磯    南岸低気圧   
タックル
  • 平磯用
    ライン : デュエル ハードコア X4 3.0号 300m リーダー : バリバス ショックリーダーナイロン60lb ロッド : ぜナックミュートス110MH リール : 16ツインパワーSW 6000HG スペーサー : Ashconfish PEライン4編 6.0号
  • サーフ用
    ライン : デュエル ハードコア X8 1.0号 200m ロッド : AIMSブラックアロー106M リール : 18カルディアLT5000D-CXH リーダー : バリバス ショックリーダーフロロ30lb
最終更新日
2020年11月30日 19:15

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 377,532
今日: 32
昨日 239

ページ閲覧数: 280
今日: 1
昨日: 0
QRコード