りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2020年12月27日(Sun)

バラし癖;

  • 3Hit
  • 1Get

6時から12時のお話。

本日の潮回りは、中潮。

鴨川で満潮3:42(127cm)、干潮8:39(91cm)。

珍しく凪が良いので濁りに弱い場所へ。

いつもウネリの後はゴミが多く、なかなかタイミングが難しい場所だが釣果は折り紙付き。

今日は、打ちあげられた海藻類なども少なくかなり期待もてる。

早速ミノーで手前から探る。

海面わしゃわしゃしてるのでベイトはなんかいるっぽい。

手前がだいぶスカスカになってきたのでジグを思いっきり遠投し、一度底をとってからのストップ&ゴーで遠く・広くをさぐる戦略に変更。

すると強い流れにのったところでハンドルを巻くてがとまって竿先が沈む。

(海藻?)

竿を立てて聞きを入れてみるとグングンと揺れる。

おっ、けっこう重いぞ♪

寄せる波に合わせてぐんぐんと巻いてくる。

最後のかけ上がり、、引き波に耐えながら寄せ波を待っていると引いた波間から尻尾が見えた。

なんか、スレっぽい。。

重いはずだ・・・

と次の瞬間フックオフ>_<

魚体が見えたから気を抜いてしまった。。

50cmほど?重さ的にはもう少しありそうだった;

残念だけど仕方がない。

気を取り直して同じ釣りを続ける。

半分ほど巻いてきたところでストップして少し沈めるとゴンとヒット。

さほど大きくなさそうなので一気に海面に浮かせる。

と次の瞬間、、、またもやフックオフ;

平目狙いで2連続バラシは初めてかも。。

リアにトレブルフック一本だけのジグだったのでバレやすいのかもしれない。

欠陥品だな...

その後もしばらく同じ釣りを続けたが、潮止まりで潮目が沖に抜けてしまったので根回りへ移動してみる。

根をかわしながら遠投しているとモゾってのる。

ゴミ?

ちっさ;

こんなヤツに限ってしっかりとリアフックを咥えておるわい・・・

で、さらに続けてると根がかり;

頑張って引っ張ってみるとPEラインが絡まってきてその先に、、、

ダイワのショアラインシャイナーかな?

大事に使わせていただきますm(_ _)m

結局その後はアタリなし。

この調子だと満潮前後にもう一回チャンスタイムがありそうだが、本日は夕方から避けられない用事が入ってるので渋滞する前に帰ることにした。

帰り道、足元を見て魚(ウォッ)っとなるw

ゆうに1m以上はあるであろう変な魚の死骸。

バラムツ?キバがしゅごい;

千葉恐るべし。。

 

反省)

南岸低気圧が通過する予定の明日からは天気が若干崩れる。

さらにその後は、強烈な寒波がやってくるらしく年末は寒くなるらしい。

今日は最後の平目日和だったのかも。

風もほとんど無し。

ホントに釣りしやすかった。

沖はウネってるが、北風のおかげて沿岸は波がかなり低かった。

前回の反省を踏まえ、今回は移動せずにじっと同じ場所で頑張った。

すごく釣り人が多い中、自由に場所も選べなかったが、与えられた一箇所で近場、遠投、上や下といろいろ試すうちになんとかヒットまで持ち込めたのは素直に嬉しかった。

でも今日は、鴨川から平砂浦までおそらくどこでもそれなりに釣果はあったんではないだろうかと思う。

しかし、今回バラした魚は悔やまれる;

でも逃げた魚は大きいと言うし、年末年始早速リベンジだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
釣行記 > 房総半島
タグ
ヒラメ    サーフ   
タックル
  • タックルセット名未定義
    ロッド : AIMSブラックアロー106M リール : 18カルディアLT5000D-CXH ライン : シマノPITBULL8 1.0号 200m リーダー : バリバス ショックリーダーフロロ30lb
最終更新日
2020年12月29日 21:08

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 386,800
今日: 120
昨日 243

ページ閲覧数: 175
今日: 4
昨日: 1
QRコード