りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2021年07月11日(Sun)

2021屋久島遠征最終日

  • 0Hit
  • 0Get

本日の潮周りも、大潮。

西之表で7:17(203cm)、干潮14:10(24cm)。

泣いても笑っても今日で最終日!

気合入れていくぞ~

今日も結局屋久島灯台w

というのも釣り場は、意外と一日立つとガラッと雰囲気をかえることがよくあるから。

さらに、昨日は風裏しか入れなかったけど、今日の風ならちょうど灯台正面の真下に入れたから。

早速準備して試合開始。

今日は空気が比較的澄んでいて口永良部島もハッキリと見える。

ところで、今回持ち込んだロッドは100HHHの1本だけ。

さらにルアーもこれだけ。

なぜかというと、昨日灯台で釣りした後の帰り道、あまりの荷物の重量に最後の急な斜面のぼりで死にそう(体力的に)な思いしたから。

汗だくで足があがらなくなり右わき腹も痛み出したw

その後下見した四ツ瀬の地元民は、のぞかせてもらったルアーボックスに数本程度のプラグのみ。

灯台でへばりそうになった話をしたら笑いながら、ジグは投げずにプラグも厳選して持ってきていると教えてくれた。

昨日の自分は、ボックスにルアーフルセットとさらにジグのロール巻きで合計3kg。

ロッドも2本に大型のリール2個。

熱射病予防の500mlのペットボトル4本に弁当。

替えのラインセット、レインウェア上下、救急セット。

ギャフとランディングシャフト。

ナイフやプライヤーその他の小物類多数・・・

10kg近い道具類をドライタンクで背負って、片手にロッド2本とランディングシャフトを抱えて急な崖を昇り降りしていた;

よくよく考えてみたら、能登外浦で磯歩きするときは竿は一本だけだった。

さらにルアーも二周りほど小さい。

最近の楽ちん沖磯慣れでついつい欲張ってもってきてしまったわけだ(笑

2時間ほど頑張ったところでまったく潮が流れていないことに気づく(ゴミがずっと同じ場所を漂っている)。

さらに他のゴミも目の前に集結してきており、同様に磯際に小魚がまったく見当たらない。

まぁ、でもこれは移動のための口実。。

結局釣りなんていつか回ってくる魚をひたすら信じて待ったものがチャンスを掴むんだろう。

とりあえず今回は、初回なのでほげもいいと思い切って四ツ瀬へ移動してみる。

途中駐車場に戻って灯台の裏(初日に祈願してきたところ)ある地蔵に挨拶してきた。

最初この場所でいろいろな試練が起きたときは、地蔵の祟りかなと思ったこともあったけど、結局大したケガもせず澄んだのはお地蔵さんのおかげだ^^

 

で20分ほどで釣り場に到着。

しかし昨日の雰囲気から一転、まだ満潮潮止まり前ということもありだいぶ波が這い上がってくる;

なみの様子を見ながらとりあず弁当を頂く。

ふと目を凝らすと、口永良部島の先にもいくつかうっすらと島が見える。

iPhoneでは限界だが、目視だと3つくらい島がみえる。

あとから調べてみたら黒島、硫黄島、竹島の三島村だった。

ん?硫黄島?ゴジラ?

お腹も満たされだいぶ波も落ちてきたので釣りを開始する。

9時半にはここを出て宿に向かわないとチェックアウトに間に合わないのでタイムリミットまであと1時間半。

その間、持ち込んだルアーを全て投げたおす。

一度だけ磯際にカイワリっぽい30~40cmほどの群れが退去して押し寄せて水面が騒がしくなったときがあった。

とりあえずつけていたダックダイブF230を頑張って投げてみたが一切反応しなかった。

ボアSS195にチェンジして再び戻ったころにはいなくなっていた(一応何度か投げたけど何もなかった)。

水面に活性があったのはこの一瞬だけで、その後一切何を投げても追ってくる魚やチェイスすらなかった。

これであっけなく夢にまで見た最初の屋久島釣行は終了してしまった。。

まぁ、半分この事態は覚悟していた。

それよりも今回100g以下のルアーは一切投げなかった自分をほめてやりたい。

いつもなら何かしら魚釣りたい一心でジグやらワームやら小型ルアーやらにすぐ逃げてしまう。

今回も何度かそんなことを思ったけどぐっと耐えた。

最後に上がった息を整えるために水分補給しながら屋久島の海を目に焼き付けていた。

今回は、結局西側の磯でしか竿をだせなかったけど、こうやってみるとどこも波が這い上がりやすい地形になっている。

次回ここを訪れる機会があったら、東や南の方でも是非竿をだしてみたい(東は空港下しか思いつかないけど)。

 

最後に宿に帰る途中もう一度だけ通り道の一湊の家を訪ねてみた。

運よくお母さんとおばあちゃんが在宅でしっかりとお礼を伝えることができて良かった。

これで心置きなく東京に帰れるぞ・・・いや、釣れてないから置き忘れたものは一杯あるけど。。

絶対リベンジだ!

 

反省)

全体の総括は、後でするとしてまずは本日の反省。

というか反省するほどたいした釣りもしていないが・・・

梅雨明けもそろそろかな。

風は、ここ最近では一番収まってきていた。

明日ももう一段落ちるらしいので、結果論だがもう1日ほどあればよかったと思う。

こうみると大したことなさそうなのだが、やっぱり外界の島のためか常にそれなりのウネリはあった。

もしかしたらこれが普通で完全なる凪なんてのはほとんどないのかもしれない。

 

総括)

さて、いろいろ総括に書いておきたいことがあるが・・・

【釣行費用について】

3泊4日の屋久島での釣行費用を計算してみた。

  • 羽田⇔鹿児島間の往復航空券(JAL)・・・約15000マイル
  • 鹿児島⇔屋久島間の往復航空券(JAL)・・・株主優待で往復1.5万円
  • 宿代・・・約3.5万円 ※これで2食付きで毎日ビールも一瓶のんでいる。さらに大浴場・サウナ付き。それに毎朝を弁当にかえられるのかなり◎
  • レンタカー・・・約2.5万 ※車本体の他にガソリン代と鍵開け工賃(実費3,300円とられた;)が入っている
  • 昼食・飲み物・・・約0.5万
  • その他・・・0.1万 ※主にコインランドリーのお金
  • 荷物超過分・・・約0.6万 ※往路宅急便2100円、復路JAL3500円

以上、合計8.7万円!

うーん、次回はもう少し安く済ませたい。

というのもできれば年間2回ほどは通いたいから。

レンタカーは、今回鍵開け代が余分だったけどここは他よりだいぶ安いので普通は燃料代込みで2.5万ほどはみておく必要があるだろう。

荷物釣果分については、今回飛行機預入手荷物の合計重量20kgを+5kg上回っている。

次回は、ロッドは2本までとしてキッパリとジグはあきらめる予定だ。

それに持ち帰ることも一切あきらめるのでドンゴロス、捌きナイフ、バッカンもいらない。

釣り用の着替えも、コインランドリーを使えば1セットは減らせる。

あとは、持ち込むビッグルアーを厳選してなんとか合計20kg以内にしたい(たぶん可能だと思う)。

宿は、同じところで十分なので3.5万ほど。

正直素泊まりや民宿でもっと安上がりのところはある。

ただ、何度も書いたように素泊まりはいちいち飯の心配しないといけないし、夜は大浴場でゆっくりと疲れを取りたい。

今回のところは、部屋は新しくないけどその他料理は申し分なく、雰囲気も悪くなかったのでたぶん次回も同じところにすると思う(思いっきり値上げされてなければだが)。

飲み物は、今回全てスーパーや自販機で購入したけど、前日のペットボトルに屋久島の水道水を入れ替えて持ち込めばOKだ(軟水で美味しいらしい)。

以上を考慮すると1回あたりなんとかトータル8万以内で抑えられるような気がする。

これなら年2回は非現実的じゃないな・・・いや、マイル年間3万もたまるのかー?!

【タックルについて】

今回ロッド3本持ち込んだが2本で十分だ。

そのうち1本は、トラブル時の予備用で基本1本で頑張る。

そのメインは、今回まともに使用したミュートス100HHH-GTだが、これ思ったより使いやすい。

最初棒のようなガチガチのロッドをイメージしていたが、ちゃんとティップも曲がってルアーの操作がしやすい。

ここの仕上がり具合、さすがゼナックだ。

たぶん力的に十分竿を反発力を使えていないのでもう少し飛距離は伸ばせるような気がする。

ラインシステムの方は、今回2日間大きなトラブルはなかったのでしばらくいまのまま(PE8号+スペーサーPE20号2ヒロ+ナイロンリーダー170LB4ヒロ)で行こうと思う。

これでペンシル系は70mほど、ミノーでも50mほどは飛距離が出ている。

まぁ、実際に魚かけてないからわからないんだけどね^^;

気持ちよく投げ続けられることがまずは重要かなと。

ただ、ラインシステムは釣れてなくても日々交換する必要があると思った(常識か!)。

特にナイロンリーダーは、翌日になるとかなり癖がついており、初日より2日目の方がガイド絡み、引っかかりなどのトラブルが多かった(疲れてたせいもあるかもしれない)。

ルアーについては、今回のセット(GTハリアー[126g]、ガンズシンキング[143g]、ラピードF230[120g]、ダックバイブF230[116g]、 ボアSS195[104g]、いずれもフック付き実測)で今はちょうど良いかなと思った。

ミュートス100HHHの適正レンジは110-210gなのでボアはちょっと軽めだが、それでも50mほどは飛んだのでミノーなら問題ないと判断した。

もっと重めのルアーの方が飛距離は出る気がするが、体力的な問題もあるのでこの辺りからのスタートとする。

最後に小道具について一言。

ドンゴロス、バッカン、捌きナイフは不要。

それにとりあえずファイティングベルトもいらない(まずは掛けてみてから必要か考えることにする)。

あとは特に不要なものはないかなと(小物・根魚用の小道具は一切いらない)。

【釣り場について】

今回は、主に西側の釣り場でしか竿をだしていないのでまだ全くわからない。

ただ、西側は波が這い上がってくるような地形が多く、今回のように南西風とウネリが入るとちょっと怖い。

釣り具屋の釣果情報を見ていると釣り場写真にのっているところだけででなくてもロウニンアジは釣れているようだ。

特に今回聞けた話のようにベイトさえいれば浅場の河口でも普通に釣れるようだ。

でも、お金と時間をかけてここまで来る理由は磯でロウニンアジを釣りたいため。

なのでそのときの情報に惑わされずとりあえずお気に入りの磯を見つけてアホみたいに通う事も大事なのかもしれない。

それにしてもとりあえず丸い島なので四方の磯の雰囲気は知っておきたい。

特に東側は、自力で入れるそれなりの磯は数が少ない気がする。

北側もまだよくわかっていない。

南は有名場所がいくつかあるようだがほとんど下見もいけていない。

なので時間もやっぱり最初は今回と同じ場所がメインなんだろうなぁと思う。

次回もし訪れる機会があったら、下見のメインは東南側にしたいと思う。

特にもう一度空港下にリベンジして、どうにか東側の場所を1か所確保しておきたいと思う。

【最後に】

今回JAL+JALでうちから近い朝6時のバスにのると11時には屋久島についてしまうということに気がついた。

その間、羽田で荷物を預ければあとは屋久島まで届けてくれるという素晴らしさ。

帰りもお昼までレンタカー返却すれば夕方には自宅につくことができる。

JAL様様だw

まぁ、まともに航空運賃を払って行こうとすると15万近くはかかってしまうので気軽にはいけない。

これからも頑張って陸マイルを貯めようと思う。

それに、鹿児島空港で帰りの便を待っている間に流れていたアナウンスを聞いていたら喜界島や徳之島などいろいろなところに飛行機が飛んでいることが分かった。

この方法だと、うまく繋がれば2泊、3泊で東京から地磯でイソマグロも夢じゃない気がしてきた(小笠原は休み的に敷居が高い;)。

なんか夢が広がるなぁー。。

あっ、MCの3ピースロッド必要なくなったからヤフオクにだそっと♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
南西諸島 > 遠征 > 釣行記 > 屋久島
タグ
地磯   
タックル
  • タックルセット名未定義
    ロッド : ぜナックミュートス100HHH リール : 13ステラSW18000HG ライン : バリバス アバニキャスティングPE SMP 8号 スペーサー : YGKよつあみ 磯ハンターPE20号 リーダー : YGKよつあみ DMVナイロンリーダー170LB
最終更新日
2021年07月13日 21:40

コメント

※ コメントするにはログインが必要です。

  • コメントがありません。
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 415,753
今日: 145
昨日 181

ページ閲覧数: 247
今日: 2
昨日: 1
QRコード