りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

2021年03月

2021年03月31日(Wed)

勝浦灯台下2回目
  • 0Hit
  • 0Get

6時から13時のお話し。

本日の潮周りは、中潮。

勝浦で、満潮5:51(142cm)、干潮12:15(1cm)。

今日はベテラン勢が多数。

途中泳いでたらよくわからんおっさんに「見ない顔だな」と声かけられた。

心の中で(お前も見ない顔だな)と思ったけど、大体こういうベテランっぶってる(というかベテランだとは思うが)おっさんほどマウント取りたがる。

つうか釣り人ってどうしてマウント取りたがるヤツ多いんだろうといっつも思う。

「へぇ、そうなんですかー!僕はこの時期しか来ないもんで〜」

楽しく釣りがしたいので、早めに話切り上げた(笑

潮位の高いうちはイケスで時間を潰していたが、以前話したことがある別の人(この人は紳士)は、果敢に波かぶる磯責めて何かかけていた。

あそこまで頑張らないと難しいのか・・・俺には無理だなw

まだ120cmほどあるけど、とりあえず灯台下へ向かってみる。

ウネリはさほど強くなかったが、上がった直後は時たま波が足を洗うことが多かった。

たまたま、一緒にのった人が「後ろに下がらず前に出たほうがいいよ」と教えてくれた(ありがとうございます)。

怖くて後ろに下がると波の勢いに流されやすくなるらしい。フムフム。。

一応ヒラマサ狙いでミノー、ダイペンと入れてみたが反応なし。

鳥もおらず、ベイトっ気もないのでヒラマサは諦めてさらに奥のリーフエッジに入ってみた。

一応ヒラスズキ狙いで波がせりあがる手前を必要に流してみたがダメだった。

今日はかなり潮が引く日でいつもは水の下の地形が色々見れた。

最後は、ワカメ取りのおじいさんと雑談しながら帰ってきた。

(おじいさん)「通ったもん勝ちだっぺ!」

強くそう思う(笑

 

反省)

午前中は、曇り空でローライト。

海鵜は多少いたが、カモメはいなかった。

11時すぎ頃から、結構な東風が吹いてきた。

ちょうど横からの風なのでかなり投げずらかった。

先日の土曜日よりは少しウネリはあったけど、怖くはないくらいだった。

(黒潮)

しかし、釣れないねー。

ベイト入らないとダメなのかもね。

でも、ヒラスズキはコンスタントに釣れているようだ。

そういえば、今回はスペーサーは使わずリーダー二ヒロでやってみた。

ノートラブルで飛距離もそれなり。

これでしばらく行こうと思う。


最終更新日:2021年06月27日 23:44
0comments

2021年03月27日(Sat)

勝浦灯台下1回目
  • 0Hit
  • 0Get

5時から10時のお話し。

本日の潮回りは、大潮。

勝浦で満潮4:11(129cm)、干潮9:54(51cm)。

イケス二人、塔婆下一人、めずらしく灯台下には誰もいない。

5時半現在で潮位120cmほど。

最深部で足が離れるけどウネリがないので特に問題なし。

鳥なし、ベイトっ気なし。

ここよりさらに右側の磯で一人何か釣り上げていた。

おそらくヒラスズキだろう。

ソコリまで粘ってみたけど全く反応なし。

帰り際に地元のじいさん達が駄弁ってたので少し話した。

なんでもイワシは久しくきてないらしい・・・

 

反省)

明日から天気が下り坂。

朝マズメはさほど気にならなかったけど、だんだん東の風が強めになってきた。

風予報は北東2〜3ほどだったけど、東の風が少し強く感じた。

このウネリだったら潮位120cmでも問題なく島へ上陸可能なようだ。

水温17〜18℃ほど。

最初に入水した時少しヒヤッとした。

もう少し水温上がらないと難しいかな。

ヒラスズキは釣れていた。


最終更新日:2021年06月27日 22:50
0comments

2021年03月26日(Fri)

荒川デイゲーム開幕
  • 1Hit
  • 1Get

10時から12時のお話し。

本日の潮周りは大潮。

芝浦で、干潮9:54(75cm)、満潮15:30(167cm)。

河口のシャローで今シーズン初のデイゲーム。

釣りそのものもおよそ1ヶ月ぶり。

別に体調が悪かったわけではない。

コロナで自粛していたわけでもない。

1月、2月と仕事が忙しかったのと子供の受験やら久しぶりの旅行やらで結局間がだいぶ空いてしまった。

上げっ鼻のまだゆるい流れの中、小ぶりなバイブレーションを投げて気持ち穂先をあげてミディアムリトリーブ。

すると数頭めでゴンとヒット!

決して大きくはないが、久しぶりの魚の引きを十分に味わいながら今季初のランディグも無事成功。

ガリガリのアフターシーバス。

その後は続かず。

途中河口のテトラや中川に移動してみるもどこもイマイチベイトっ気がないので、最初の場所に戻ったが、流れが太くなりすぎたので撤収した。

 

反省)

少し南風が吹いていた。

明日までは天気が持ちそうだが、日曜日からまた春の嵐らしい。

本日最初に入ったシャローは、ベイトっ気は結構あったが1ヒットのみ。

ベイトは、最初マイクロで、その後イナっ子の群れが入ってきた。

まだ水温自体は低いので、日が昇って少し温められたシャローでまだ潮位が低い時間帯が吉かも。。


最終更新日:2021年06月27日 23:00
0comments
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 476,254
今日: 87
昨日 235
QRコード