りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

#マルタウグイ

2017年04月02日(Sun)

冨山2日目、春のホタルイカパターン
  • 7Hit
  • 5Get

冨山釣行2日目。

本日も残念ながら日中は強い北東風。

また、太平洋に低気圧が発生中。

これも夕方からやむ予報なので昨日の復習もかねて明るいうちに昨日の釣り場に行って見ることに。

まずはホタルイカミュージアム裏の護岸から。

昨日実際にやってみてかなり浅いと思った場所。

今日は海がクリアで海底の様子が良く見える^^

やっぱり滑川漁港から公園裏にかけては浅そう。

ただ、そこから西側のテトラ積みまでは少しは水深がありそう。

次に吉浦、老人ホーム裏へ。

昨日も下見したけど夜は人気なくチキンになってやめた場所。

今日は海もクリアなので、やっぱ気になって再度下見。

まわりは砂地っぽいけど写真の黄色いポールの周りだけ海底に海藻が茂っていそうだった。

たぶん、流れ込みがあったので流入した水の流れにそって生えてるんだろう。

メバルって海藻帯にもいるのかな?

もいちど、浄化センター裏。

砂地に所々根か海藻帯があるらしい。

もう少し西側にいくと道が広くなり車1台は路肩に止められる。

その防潮堤裏。テトラがひとまわり大きくなってる。

これは、危なくて夜は無理だね。

そして昨日唯一釣果?があった魚津港東側の護岸へ。

昨日反応があった場所は、海藻付きのゴロタの間にぽっと空いた砂地。

暗くてそこかは明確でないけど周りよりも若干引き抵抗があったのであのあたりだろう。

今日は海がクリアなのでさらに護岸を東側に歩いて見ることに。

なんかちょっとした防波堤。

鳥がたまってた。先端に立って見たけどまわりは浅い。

このあたりの低質はこんな感じ。。

護岸に海藻がびっしり。

歩く時注意しないと転びそうになる。

さらに西進。この辺りはかなり浅さが増して来る。

おそらく海藻がまわりよりもさらに茂っているようだ。

近づいて見るとこんな感じ。

手前数メートルは釣りにならず。

そしてテトラ積みが見えてきた。

所々に砂地が見えている。

こんなところはどうだろうか?

テトラ積みには隙間がある。

その間はまわりよりは潮通しが良さげ。

とここまで駐車場からおよそ1kmほど。

一度車に戻り、夜に備えて仮眠することにzzz

そして夜の部、17時〜25時のおはなし。

本日の冨山の潮回りは、小潮前の最後の中潮。満潮17:42分(18cm)、干潮1:33(-10cm)。

まだ明るいけど、昼間下見したテトラ積みの角からスタート。

若干風が残ってる。

日が沈む。

そして...

まーったく-_-

一応夕マズメから20時まで、昼間下見しためぼしいところを釣り歩いてきたけどぜんぜん反応なし。

昨日は、いま頃ホタルイカすくいの人がたくさんいたけど今日は誰一人おらず。

たまに路肩に車とまり、人がおりて様子をみにくるけどすぐ帰っちゃう。

たまに海をライトで照らすもホタルイカはおらず。

このままここで粘るとほげる可能性が大きいので移動を決断。

でどこにいくか考え勇気を持って吉浦の浄化センター裏へ行って見ることに。

路肩に車をとめ防潮堤から海に降りるとさらに暗さがます。

日中わからなかったけど大きなテトラの手前は、潮が引いて立ち込めるほどに。

そこでテトラの前へウェーディング。

このあたりは民家からかなり離れて降り、周りは畑で人気がない。

しかもすぐ近くにお墓があり、高い防潮堤の下で背後は大きなテトラに囲まれ、全面は真っ暗な海。

砂利浜なので打ち寄せるなみでジャリジャリいってるし、かなり心細い...

それでも何とか30分ほど粘って見たけど地形もわからないしまったく釣れる気しなかったのですぐに移動。

昨日も思ったけど、釣れるんだったら絶対車1台くらいあっても良いはず。

特に昨日は、ホタルイカも寄ってきててしかも次の日は休み。

それでも誰一人いないのは、やはり釣れないから?

それとも不気味だから?

もしかるすと日中とか人いるのかな?

といろいろ考えながらホタルイカミュージアム裏へ。

こちらも今日は釣り人ゼロ。

ここも30分ほど竿だしたけどまったく反応ないのですぐに移動。

このままじゃほげる。。そう思い昨日からずっと東側なので一気に西側エリアで行って見ることに。

そして22時ちょっと前に四方漁港に到着。

もともと今回は漁港で釣るつもりなかったので下見はしておらず、しかもそこそこ大きな漁港なので全体のイメージがわからない。

それでもとりあえず、航空写真広げて南北に伸びる大きな防波堤の外側の消波ブロック帯へ。

先端にはオレンジ色の常夜灯がありけっこう良い雰囲気。

ただ、積んでる消波ブロックは写真のように足場があまり良くない。

それでも何とか安定する場所を見つけて3gのジグヘッドをつけてキャスト。

2回ほどシェイクしたあと馴染んだらスローリットリーブ。

するとコツン、グググと何かがヒット!

けっこうグイグイ引っ張る動きに根魚系ではないことに気づく。

ドラグ締めすぎているのに気づき少し緩めながら浮かすと姿を見せたのは...

ロッド:ブリーデンGRF-TE83deep、リール:ソアレCi4 2000PGSS、PE:DUELアーマードF+ 0.4号(7LB)、リーダ:フロロ1.5号(6LB)、ヒットルアー:デカキビナーゴ2.5inc イソメグロー+月下美人SWライトジグヘッド3g

でっぷりのマルタ(-.-;)

昨日からコイツが良く釣れる。

それでも1本目は、ロッドの強さを確かめ、引きもそこそこ楽しめたのでまあ良いかと。。

なお、ブリーデンのニューロッド、さすがにでっぷりマルタでも全然余裕。

さすがにこのサイズを抜き上げる気にはなれなかったけど浮かせるのは何てことない。

まぁ、マルタじゃあ当たり前かもしれないけど。

なお、ここはタモ網いると思った。

なんとか低い位置まで降りていきハンドキャッチしたけどマルタは気持ちわるい。。

しかし、、

ここからさらにウグイ。

さらに、写真撮ってないけどまたウグイ。

ウグイ祭りの様相を呈してきたので場所をかえることに。

ここは、とにかくまっすぐ立てる場所があまりない。

それでもたまに消波ブロックの角が欠けて平らになっているところがあるのでそこを見つけていく。

でテトラの切れ目付近で立てる場所を見つけたので再開。

同じく3gのジグヘッドを遠投してシェイク&スロー。

するとグイと重みが。

竿を上げるとクククと小気味良い引き。

明らかにマルタ以外、、だけど小さい。。

ロッド:ブリーデンGRF-TE83deep、リール:ソアレCi4 2000PGSS、PE:DUELアーマードF+ 0.4号(7LB)、リーダ:フロロ1.5号(6LB)、ヒットルアー:デカキビナーゴ2.5inc イソメグロー+月下美人SWライトジグヘッド3g

カサゴだ♪

根魚2種類目。

時刻は23:03分で下げ7〜8分ほど。

カサゴは潮が緩んだ瞬間に釣れるイメージなんだけど結構引き抵抗あったので意外な感じ。

そこで、今度は1gにかえてホールして見ると

ロッド:ブリーデンGRF-TE83deep、リール:ソアレCi4 2000PGSS、PE:DUELアーマードF+ 0.4号(7LB)、リーダ:フロロ1.5号(6LB)、ヒットルアー:デカキビナーゴ2.5inc イソメグロー+月下美人SWライトジグヘッド1g

ちょっとサイズアップ♪

でもかろうじて20cmあるかな。

沼津で釣れる30cmオーバーのサイズには及ばないのでこのサイズは持ち帰る気にはなれず、そっとリリース。

ところで沼津のカサゴ(もしかしたらうっかりカサゴなのかもしれないけど)は赤い。

でもここのカサゴはムラソイみたいに黒い。

やっぱり地質やメインベイトの影響なのかな?

※あとで調べてみたら生活域の水深の影響らしい。深いところ=赤、浅いところ=黒

その後何回かコツンというあたりはあるけどのらず。

大きさ的にカサゴも満足したのでまたまたメバルを求め場所移動。

四方の南北に伸びる防波堤は、北と南の間に消波ブロックがない部分がある。

その部分には、干潮時だけ顔をだす護岸があって南北それぞれの消波ブロック伝いに下りていけるようだ。

ちょうど時刻は23時半、、下げ8分すぎで潮位は-5cmほど。

護岸が顔を出しているし波も穏やかなので上がって見た。

足場は貝がびっしり。

ここまで潮が引けば長靴でもOKみたいだ(今日はウェダー履いてるけど)。

スニーカーはやめといた方が無難。

護岸はかなり幅が広い。

そこから沖向きに釣り歩くけどまったく反応なし。

最後にもう一度最初の先端にもどって一途の望みで遠投するもやはりマルタがヒット。

結局日を跨いでしまったので明日の事(明日は朝から東京へ車で帰る)もあり終了とした。

なお、漁港な対岸に見える明かり、釣り人でも漁船でもなく全部ホタルイカの待ち人。

みんな明日平日なのに夜遅くまでライト照らしてがんばってる。

自分は最後にカップ麺で締めまて、麺をすすりながら今回の冨山遠征を振り返ってみた。

結論、、深夜に漁港で食べるカップ麺はめちゃうめー!!

カップ麺をすすっていると匂いにつられたのか地元の人に話しかけられた。

そこでメバルのことを聞いて見たら2週間ほど前はけっこう釣れていたとのこと。

それでも大きいサイズでその方の場合は、25cmほど。

「ここ最近は釣れなくなったな。タイミングだからね〜」

そうそう、タイミングだよね釣りは^^;

 

反省)

2日間の釣りを終えて、まずどちらも日中の南岸低気圧により強い北西風に悩まされた。

それでも夜はタイミングよく風がやんで釣りができたのでよかった。

ただ、前日と今日で一番の違いは、おそらく海水温。

なぜそう思ったかというと昨日は若干んの濁りがあったけど本日はかなりの透明度。

海水温が下がった結果かなと。。

それが原因かどうかはわからないけどホタルイカの接岸も本日はなかった。

この時期の釣りは天気を合わせるのが難しい気がする。。

それでも今回は浮気せずメバル&根魚一本でやり通せたことは今後に繋がる気がした。

いつも、釣れないとほれシーバスだぁ、ほれクロダイだぁと浮気して結局なにも釣れないことが多いから。

しかも、目的の根魚は2種目。

飛車角とれたようなもの。

えっ、異論あり?

まあサイズで言えば香車と桂馬だけど。

なお、今回はメバルが王将だとすればキジハタは金か銀かな。

マルタウグイは歩兵(笑


最終更新日:2017年04月03日 22:41
0comments

2019年02月23日(Sat)

春の使者
  • 3Hit
  • 1Get

連日の遠出で軍資金が枯渇しので、週末は自宅でのんびり。

午前中、娘の友達家族に誘われて久しぶりにコストコへ。

たまに訪れると面白い。

こんなに大量に誰が買うんだと思いきや、みんな盛況にカゴに入れていく。

まとめて買ったら安いのかと思いきや、確かに少し安いようだが驚くほど安いわけでもない。

それでも不思議と大量にまとめて梱包されているとお得感が増す。

まっ、核家族の我が家にはあまり関係のない店だ。

夕方からは、特にすることもないので近所をジョギング。

別に来週の東京マラソンに出るわけではない。

あくまで地磯歩きで怪我をする恐れがあるから、日頃から足腰を鍛えておこうという魂胆。

自宅を出発して荒川沿いに臨海公園まで降りてそこから旧江戸川沿いにのぼっていくのがいつものコース。

ざっと1時間半ほどだが、走る目的がもう一つ、終わって一風呂浴びた後に飲むビールが恐ろしく美味いから(笑

そして16時半から17時半のお話。

前置きが長くなってしまったが、本日の潮回りは中潮。

芝浦で干潮13:24(39cm)、満潮19:42(179cm)。

背中のリュックの中に、仕舞寸51cmのパックパックロッドとリール、それにバーブレスのバイブレーション1個だけを持ってジョギング開始。

ジョギングの最中、良さげな場所が見つかったら30分ほど竿を出してみようと考えてみた。

そして、東なぎさの手前に差し掛かったあたりで、良さげな流れと海鵜を発見。

海鵜が潜っている少し先で小さなベイトも跳ねたのでベイトはいるようだ。

まだ上げ半ばほどだが少し竿を出してみる。

バイブレーションを遠投して若干のフォールをおり混ぜながらミディアムリトリーブしてくる。

すると数投目で、一瞬のフォールの隙にグンとのる。

しかし、これはしっかりフッキングせずに終わるが、確実に何かいるので少しまじめに取り組む。

次に反応が出たのは、足元付近のかけ上がりで回収のため気持ち浮かせて早引きしたとき。

これもゴンと何かが触れる。

細いあたりに若干もどかしさを感じながらも、風と潮で左右に動く流れに小移動しながら粘り強く付き合ってフォールからの巻き始めにぐわんとヒット。

トルクがあるけど鈍いその引きは、エラ洗いがないのでたぶんスレ;

やっぱりスレで、しかもマルタウグイ。

雑食だとはいうが、何度か当たるのでルアーにチェイスしてきているのかぁ?

そう言えば、冨山で春に寝魚用の小さめなワームで何度も釣れ盛ったことがあった。

かなりお腹がでっぷりだが、この時期は産卵遡上してくるとのことなのでおそらく卵抱えてるのだろう。

いずれにしろ食すつもりはないので海におかえり頂いた。

でも、これが釣れ出すといよいよ春だなぁと思ってしまう。

さらに追加で、あわよくばスズキを釣りたいと頑張るもその後は残念ながら後が続かず。

30分ほどのつもりが、気づけば1時間ほど経ってしまった。。

贅沢言えばスズキ釣りたかったけが、マルタも引きを楽しませくれたので満足。

まだ釣れそうな気もするが、帰りがあるので暗くなる前に切り上げて、ひーこら言いながら復路を走った。

いやー、やっぱビールが美味い!

 

反省)

午前中雨予報だったけど、思ったほど雨は降らなかったようだ。

その分吹き返しの北風が早まったようで、午前の早い時間弱かった風も、午後に進むに従い強くなり、結局一日中吹き続けた。

外房はどうだったかわからないが、、まぁ、無理していっても、今日の潮回りと波予報では、よほど場所を選ばないと難しいと思う。

また、どうせ来週から3月一杯連チャン釣行するつもりだし。。


最終更新日:2019年02月24日 07:59
0comments
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 282,407
今日: 58
昨日 184
QRコード