りょうのほげ日記

魚との知恵くらべ

プロフィール
ryossi
ryossi
カレンダー
日記検索
※ タイトルと内容を部分一致で検索できます。
※ 空白で区切って条件を加えることができます(例、"シーバス 漁港")。
日記購読
現在の購読人数:4
※ この日記を定期購読する場合は、メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。
※ 既に定期購読済みの場合は、メールアドレスを入力して解除ボタンをクリックする解除できます。
フィード配信

#沖堤

2020年06月21日(Sun)

カツオ根
  • 3Hit
  • 2Get

週末鵜渡根群礁のカツオ根にいってきた。

初めての磯だったので少し詳しく記録。

本日の潮回りは、大潮。

式根島で満潮4:21(155cm)、干潮11:28(-2cm)で大潮下げの釣行。

しかしこの時期の渡船は朝?が早くて辛い^^;

2時半集合なのでいつものように前のりで22時に下田に到着。

今回も下りの道中は特に渋滞もなく順調だった。

かれこれ3時間ほど寝落ちしたほどで店前が騒がしくなってきたので起きて準備。

そして定時出船でおよそ2時間ほどで渡礁準備がはじまる。

ここの船はいつも呼ばれたかわからないうちに「次行くからすぐに準備して!」と言われあせる;

今は明るくなってからの渡礁にかわっているが、以前はまだ日の出前のうす暗いうちから渡礁を開始していたから寝てると着いたのかどうかわからなかった。

エンジン音が落ちたところで慌てて寝床からはい出すと、他の人が既にみよしで待機中なんてこともあった。

今回も呼ばれたかわからずウロウロしているとマイクで促され急いで荷物を引っ張りだすという慌てっぷり。

次回から少し学習しよう・・・

さて釣り場の状況を少々、この写真は利島向かい8時少し前のもの。

今回渡礁直後に同磯の人に一人がけっこうナイスなサイズの魚を掛けていた。

自分はというと、、ポッパー投げたり、ジグ投げたり、ミノー投げたり、そのナイスな魚のギャフ掛け手伝ったり・・・

一度だけポッパーの後ろにモジリがあらわれカツカツとハリに触れるようなバイトはあったが残念ながらのらず>_<

一番活性の高い時間帯に見事空振り!

けっこう忙しく過ごしたはずなのに・・・おかしいなぁー

さて、気を取り直して先を進める。

この朝方のお祭りも結局しっかりした釣果につなげたのは4人中1人だけで、このあたりが釣りセンスというヤツなんだろう。

その後は海も磯の上も落ち着きはらい、同磯の方たちは餌釣りにかわっている中、自分は相変わらずひたすらジグを投げ続けた。

すると上の写真の流れの緩いところから少しずつ早いところに100gのジグを落とし込んで数シャクリしたところでグッとのる。

さほど大きくなくすんなり足元まで寄せられ、足元で少々粘られたけど最後はバットパワーでゴボウ抜き。

50cmあるかないかのショガンパ、、まぁ、いつものやつです。。

でも久しぶりに青物の引きが味わえて楽しかった。

その後もだいぶ時間を空けてもう一匹同じサイズと追加。

どちらも日が昇りきった日中、ジグで底寄りだった。

以上、主な釣果はそれだけ!

結局朝一釣り上げた同磯の方たちもその後ルアーでは目立った釣果なく、エサ釣りに勤しんでいた(餌釣りではけっこう釣れてたっぽい)。

自分は初めての磯なのでパチリ、パチリと写真撮影に勤しんだので少し独断で紹介。

以前のったフズシ根との間の水道入口付近。

右手になればなるほど浅い?100g数秒で底に着くように糸ふけがでるが・・・

流されて利島方向に入ると潮が加速して投入したジグは足元に流されてきてしまう。

さらにフズシ根との間に入ったらもう川のようなものでジグで底をとるのを諦めた方がよさそうなほど。

今回は、西から東に川のように潮が抜けていたが、いつもこうなのかは不明。なお、この日は朝一以外ほぼ下げど真ん中。

今回の最大ジグサイズ130gまで頑張ってみたが200m以上は糸がでても底にはつかず、終いには根がかり。

放置してたらなんとか外れて事なきを得た。

竿の限界の200gまでサイズを上げて頑張ってみるのもありだが肩ぶっ壊れそうだし、どうも自分的には釣りが成立するイメージがわかなかった;

フズシ根との間のもう一方の出口側でテラス下。

この先にできる反転流から少し左手側にも100g程度のジグを投入したが20秒ちょっとで底をとれた。

同磯の人がエソ釣れたといってたので底は砂地なのかもしれない。

なお、写真は撮ってないがここから利島向かいまでの通称本場あたりは、比較的潮が緩く100gジグで余裕で底とれた。

こちらも思ったより深くなく2~30秒ほどで底がとれ、根がかりも少ない。

なお、今回チャカ付けは2回ともこちら側だったので比較的潮は緩目なのかもしれない。

そして最後は利島方向に向けて一気に潮が抜ける。

なんだかこの磯全体が船で、こちら側は船のともになり、船の進む力により海が左右に割れるようなイメージだった。

(それぐらい潮が流れていたという例えです^^;)

こちらも流れのど真ん中は、なかなか底を取るのが難しい。

しかし、少し右手側に位置をずらすと100gでも十分底がとれる。

そこから少しずつ左側に底を取りながらジグを流し込んで今回の2ヒットにつながった。

だから何だという声も聞こえそうだが、日中魚っけがなくなってから試してみるのも良いかもしれない。

とまぁ、最初なので間違いもあるかもしれないがざっとこんなイメージの磯だった。

ただ、タイミングが良ければやはりウワサ通り大釣り場に化けるのかもしれない。

同磯の方、いろいろお世話になりましたm(_ _)m

 

反省)

朝がたは風もほとんどなく釣りしやすかったが、午後に向けて南東風?がでた。

場所によっては糸ふけがかなりでてトップではなかなか難しかった。

雨はなく、かといって曇りでもなく途中日が差した。

もう少し曇ってくれた方が釣果にも身体にもうれしい。

水温23℃ほど?

磯の印象人によってかわるんだろうけど、今回は朝一パパッとそれなりのサイズも出てコンディションは悪くなかったんだろう。

これが、もし自分1人や同磯誰も釣れてないと良くなかったとか思いがちがだ、つりきれてないだけで今までもこういう活性が上がる一瞬はあったのかもしれない。

 

さばきの時間)

だいぶ久しぶり♪

前回は沖磯まで行って釣果ゼロで嫁子供にどうせ今回もボウズだろうと言われていた。

うーん、、この中にナイスワンも混ざってると思いたいがやっぱり日中ポツポツとジグで釣れる単品は小物が多いんだろうか?

このサイズでも2匹そろえばそれなりに身はとれる、というか核家族には十分だ。

かわり映えしない刺身にとカルパッチョ。

脂のノリがイマイチだったが十分うまかった。

カルパッチョはやっぱりヒラメとかスズキとか白身の魚の方が合うね。

今回初めて神経抜きに挑戦してみたが、道具の使い方間違ってたらしくうまくいかなかった(最初に脳天ぶち抜いてからワイヤー通さないといけなかったのね;)。

したがって身は少ししっとり^ ^;

残りの切り身は味噌漬けにしてもう少し寝かせてから食べようと思う。

今シーズン前半戦、あと行けて1~2回ほど(なにせけっこうお金がかかる;)行きたいけどせめて80cm/5kgサイズより上が釣れてほしい。

その後は、例年通り内房あたりの平べったい魚で癒されようかと思ってたりする。


最終更新日:2020年06月23日 09:13
0comments

2019年10月21日(Mon)

酒田沖堤防
  • 3Hit
  • 0Get

5時から18時のお話。

夏に帰省したとき、友達と青物の季節になったらまたお邪魔するねと約束していたので本日行ってきた。

今回は一人なのでお気楽。

前日に実家の母親に連絡を入れる。

「明日帰るから、よろしく。芋煮食べたい。」

突然帰ると言いだし食いたいものまで要求するとは甚だ迷惑な話だが、わかったよと一つ返事するところはいつまでたっても子の親なだなぁと思ってしまう。

今回は、酒田の沖堤防に行ってみようと考えている。

別名新離岸堤。

週末特に予定がないので土曜日の昼ごろ出発。

途中車両火災で高速通行止めをくらい6時間もかけて到着。

冨山帰省するとき同じくらい時間がかかってしまった(通常山形は4時間半、冨山は6時間)。

暗くなってからは雨がよく降っていた。

翌日曜日は、一日暇があるので母親と弟を連れて山形の美味しい蕎麦を食べに行った。

そしてその足で実家置きっぱ用に出刃包丁を買いにいく。

実家には安い三徳包丁しかなく、まな板も小さいので魚をさばくときいつも苦労する;

母親もちょうどほしいと言ってたので、どうせなら少しいいやつを買って1本おいておこうと思った。

夜ご飯を食べた後は、いつもの時間に友達の家にお迎えにあがる。

そしていつものようにワイワイと海に向かう。

でも今回は、いつもと少し違う。

それは、夜釣りをせずにちゃんと寝ること(笑

いつも、夜通し釣りをする。

で、、寝坊して朝マズメ逃して、さらに睡眠数時間のまま夜までフルスロットル釣りをする。

二人とも、もういいおっさんなのに若者のようなはしゃぎっぷりだ。

案の定後半は疲れが溜まってきて、いつもグダグダの釣りになってしまっている(それでも何か釣れてればまだ良いのだが...)。

今回は、せっかくお金出して沖堤防に渡してもらうので体力温存策をとった^^

23時には、最寄りの駐車スペースについたのでエンジンを切って寝に入る。

途中寒くて目がさめる;

やっぱり10℃を切ってくると上下レインウェアを着込んでもエンジン切ると寒くて寝れない。。

でも隣の友人は、お構いなしにいびきかきながらぐーぐー寝ている。

なんでだろう^^;

(後で聞いてわかったのだが、上下ヒートテックを着てきていたらしい。。さすが地元!)

4時に目が覚めおもむろに準備をはじめる。

そして5時、、予約していた渡船屋さんがきたので船に乗り込む。

お客さんは、僕らを含め10人くらい。

でも僕らのが第一便で、その後多い時には2便、3便と何度も往復するらしい。

今日は平日だけどどうだろうか・・・

なお、4時頃目が覚めたとき既に離岸堤に向けて出船していた船があったので時間は渡船屋さんによってまちまちのようだ(協定とかでどこも同じ時間の出航と思ったが違うようだ)。

無事離岸堤到着。

ところで船の細いシステムは、船の中で名前を書いて帰りの希望時間もそのとき書いておく。

そして船長にどこに行きたいか伝える。

僕らは、どこがいいのかさっぱりわからなかったが、一緒に乗船していた常連っぽいおじさんが

「ルアーなら南で降りた方がいいよ」

と教えてくれたので南にした。

最初の地図で見ると最上川寄りの方だ。

もう一つ北があるっぽい。。

もう早速釣りをしている人がいる。

自分は、とりあえず先端が空いているか手ぶらで見に行って見る。

途中サゴシを釣った人のタモ入れを手伝って先端まで往復、、やっぱり灯台のある先端は人気場所で既に人がいっぱいだった。

ただ、これでも常連さんは休みの日より人は少ないと言ってたので、シーズン真っ只中の休日はどうなるか想像に難くない・・・

結局どこへ移動しても同じなので、上陸地点からさほど遠くないところで釣りすることに決めた。

先に準備していた友人は、さっそくサゴシをヒット!

「おー、いいねー♪」

とちょっと余裕をかましながら声をかける。

しかし、これが長い地獄の始まりだとはまだ気づいていない^^;

友達も、チャンスタイムはこれからだろうとせっかく釣ったサゴシを海に戻す。

なぜ二人ともそんなに大人の余裕をかましていたかというと、事前の話でほんの数日前は、朝から昼までナブラが出てイナダなんかは昼ごろまで釣れ盛っていたと聞いたから。

さらに30cmを超えるアジ、ワラサ、サワラも釣れていると聞いていた(あくまで聞いた話だが...)。

さっそく自分も準備をすませ冲向きで釣りを開始する。

朝方風は、後方潮右手から東寄りの少し強い風がふく。

そのため港向きに波っ気ができ、沖側は波っ気が少ない。

潮目はなく、波っ気もさほどない。

ジグを沈めてはしゃくり、沈めてはしゃくりを繰り返す。

水深は、40gジグで30〜40秒ほどだが流されている可能性が高い。

根掛かりは足下以外まったくない。

30分・・・

1時間・・・

2時間・・・

ナブラは立たない・・・

この間、釣果ゼロ・・・

おかしい!何かがおかしい!

数度ゴンとぶつかるがのらない;

友達も釣れていない。

さらに、ずらり並んだ人も見る限りもたまサゴシヒットといった感じ。。

サゴシしかいないんかい!

本日はダメなのか8時頃に早々帰る人もいる。

そしてお昼便には長い離岸堤がガラガラに...

お昼を食べながら既に真っ赤に色づいている名峰鳥海山を虚しく眺める。

それでも残り2時間、約束の回収時間までひたすら頑張る。

友達は、コツをつかんだらしくサゴシを2匹ほど確保している。

本日は青物爆超はないと感じたか、リリースせずに釣り上げたサゴシをしっかりシメてお持ち帰り(笑

自分も数回あたりがあるがどうものらない;

友達の話だと、釣り上げたサゴシはシラスのような小さなベイトを履いたらしい。

一度は、ゴンと大きなアタリの後にふっと軽くなってあげてみるとリーダーからスッパリ切れていた。

友達がワイヤーリーダーを持って着ていたので一本いただく。

しばらくしてまたゴンとアタリ、、上げて見るとワイヤーが裂けている。

そんな悶々とした時間もあっという間にすぎてとうとう約束の時間、自分の腕を棚に上げ叫んでみる・・・

サゴシすら釣れんのかい!

30分前に後片付けを終えて鳥海山を眺めながら船を待つ。

ここ山形は、あと1ヶ月もすると峠で雪がちらついてもおかしくない。

そして時間通りにやってきた船に乗り込んで港に戻る。

さらば離岸堤、、ほんとうに厳しい結果だった^^;

そういえば、うちらが帰るときに入れ替わりで離岸堤にのってきた人も何人かいた。

常連さんに聞いて見ると22時頃までもやっているとのこと。

今日は15時と名簿に書いたのでその通りに帰ったけど、次回同じ結果だったら船長に電話して夕マズメに変更して粘ると思う。

船上で話を聞いた限り、カゴでマダイは釣れているようだった。

また、黒鯛もよく釣れていたらしい。

あと南側の先端で少しばかりイナダは上がったみたいだが、やはり本日の青物は厳しかったらしい。。

(僕らのところでは、結局1回もナブラは見られなかった)

来る時の車の中では、お昼頃までにイナダを筆頭にワラサ、下手したらブリまで釣ってお昼くらいに帰って出羽桜で乾杯しようと笑って話していた。

だがどうだこのありさま...

たぶん気合い入れて実家で出刃包丁慎重したのがよくなかったんだろう。。

港で清算(往復3000円)して帰路につく。

今日はたまたまダメな日だったけど、この値段でナブラとか出たてイナダ・ワラサ釣れ盛ったら楽しいだろうなぁと思った。

船長も親切で良い印象だったので来年も同じ季節にまた来てみたい。

 

反省)

台風20号が温帯低気圧にかわって北上。

釣り場は、午前中東寄りの少し強めの風で、途中から北西にかわっていった。

そして釣りの翌日は強い雨が朝から降り続いた。

自分は、海から実家に2時間かけて帰ったあと、すぐに実家に置いておいた荷物を車に積んで帰ることにした。

理由は、翌日新天皇の即位の儀式があり首都高が一部交通規制が予定されていたから。

とは言っても釣りでクタクタの状態で長時間運転するのは危険なので、とりあえず東北道を福島まで進んだ後SAでマイベッドに横になった。

4時間ほどしてまた寒くて起き、寝袋を引っ張りだしてすっぽりくるまって2度寝して朝5時くらいに再び目覚めて出発。

途中別のSAで朝食をとり、また眠くなって1時間ほど仮眠、、朝9時頃には順調に我が家についた。

まだ寝てたらしい嫁がびっくりして起きてきた(笑

山形沖は20℃前後。

この時期いつも青物が寄ってくるようだが、その盛り上がりは年によってマチマチのようだ。

数年前に最上川河口の南防波堤と呼ばれるところでイナダ、サゴシの爆超を経験したことがある。

そのときは、友達がみごとワラササイズも釣り上げている。

今年はあまり釣れ盛っている話は聞いていないが、離岸堤までいくと青物は普通に釣れているようだった。

 

タックルについて)

今回、久しぶりにミュートスソニオを持ち込んでみた。

発売してすぐに衝動買いして実はほとんど使っていなかった^^;

あわよくばブリと思っていたのでPE2.0号にナイロンリーダー40LBを直結、、スペーサーは入れていない。

50gのジグを思いっきり遠投して、ツインパワー5000XGで120回巻、、飛距離は申し分ない。

ただ、今回は結局ほとんど青物の気配はなく、唯一釣れていたのがサゴシ。

それもシラス付きなのでかなり食い渋り。

友達は、途中からポイントを掴んでしっかり底を取り、その後フォールを長く取りながら数回しゃくってまたしっかり底まで沈めるを繰り返してゲットしていた。

自分も真似してはみるが、フォールを長くとった後にジャーク気味に数回大きくしゃくるのだが、ソニオのリアグリップが長すぎて邪魔だった。

要するにタチウオやサゴシでよくやるワインドに似た操作が難しかったということだ;

遠目でサゴシを釣っていた人も同じような釣り方だった。

自分は、基本最大限遠投してからいつものスタイルで底をとってからのジャカジャカ巻き。

それでも何度かアタリはあったが結局1匹ものせられなかった。

リーダー切れたり、友達に譲ってもらったワイヤーリーダーが裂けていたりしたのでジグ直接を食ってきたというよりは、絡んできたといった感じだったのだろうか。

あとジグの色もシビアだった。

ナチュラル系ではほとんどアタリがなく、友達に真似て派手めのカラーでやっとアタリが出た感じだった。

来年同じシチュエーションかはわからないが、竿もリールも1段階ライトなロッドの方が楽しめると思った。

 

おまけ)

実は、船で港に戻ったあとあまりにも予想と結果が違ってしまったので最上川河口で延長戦した(笑

茶濁りでベイトも見えず、結果も推して知るべしなのだが、戻ってくる人の中で数人はサゴシをぶら下げていた。

やはりここでもサゴシはぼちぼち釣れていたようだった。


最終更新日:2019年10月23日 09:06
0comments
カテゴリー
アクセスカウンター
アクセス総数: 377,528
今日: 28
昨日 239
QRコード